【初心者向け】運動会の2段重箱をのりきる簡単おかず!!

こんにちわ、NANAです。

先日初めて子供の運動会に参加し、不安だった運動会弁当を作り上げました。

お料理は苦手で、自分でも簡単に作れそうなものだけだったのですが、いい感じの2段お重になりました。

お重を埋めること、盛り方に不安があったのですが、意外と簡単にできたので今回作ったものをのせたいと思います。

  • 運動会のお弁当を考えるだけで頭が痛い
  • 料理が苦手だけど、初めて2段重箱弁当にチャレンジ
  • 運動会のお弁当で子供を喜ばせたい

お弁当メニュー

ジャガイモ率高いですが、これがNANAにでもできる簡単なメニューです。

1.唐揚げ

もも肉3っつの塊を食べやすい大きさに切る。醤油、酒、みりん、にんにくをすったもの、しょうがをすったものに漬け込む。あげる前に片栗粉をまぶして油で揚げる。

※ビニール袋を使って鶏肉をつけると後片付けがラクチン

2.ポテトサラダ

男爵イモを4分の1にしてゆでる。ボウルに入れてつぶす。玉ねぎを薄切りしたものをレンジでチンしてボウルに入れる。キュウリを薄切りして塩でもんでぎゅーと水気を切って入れる。ハムを細かく切ってボウルにいれる。マヨネーズをぶにゅーっと入れて砂糖、塩、コショウで味付けしてぐるぐる混ぜて完成!

3.アスパラと人参のベーコン巻

アスパラは下の固い皮をピーラーで剥きます。4cmくらいに切ります。人参も同じ大きさで切ります。ゆでます。

ゆでたアスパラや人参を2本ずつとり4本をベーコンで巻きます。巻き終わりをつまようじ2本で串のようにさします。つまようじでさしたベーコンをフライパンでやきます。お弁当に入れるときは、そおっとつまようじを外します。

4.肉じゃが

牛肉とメークインじゃがいもと人参、玉ねぎを食べやすい大きさにきります。フライパンで少し炒めたあと出汁で煮ます。結びこんにゃくも入れます。煮込んだら酒、みりん、醤油、塩で味付けし、煮込んでいい感じの味になったらできあがり。

5.稲荷ずし

ご飯を3合炊きます。炊き上がったらボウルに移して、酢を70g砂糖40gを混ぜてご飯をきるように混ぜます。大葉を千切りして半分はご飯に混ぜます。しょうがの甘酢漬けも千切りしておきます。

稲荷の皮(の汁を切り、酢飯を詰めます。※あんまりみっちり詰めないほうがよかったです。

お重に詰めた後、稲荷の半分側に千切りの大葉、半分側にピンクの生姜の甘酢漬けをのせるとちょっとおしゃれに。

※30個入りの分量で作りました!正直16個入りでも間に合ったと思います。

6.ブロッコリーとミニトマト

ブロッコリーは塩ゆでして、ミニトマトは洗うっておく。

7.ポテト

メークインは皮をむいて、縦に4分割します。

茹でて水分をしっかりキッチンペーパーでふき取り、油であげます。

8.玉子焼き

3つほど卵をといて、砂糖、塩、みりん等で味付け。ご家庭により玉子焼きは味が違うので、ご家庭の味が一番いいと思います。ただ味付けに特にこだわりなしの方は、甘酒を大さじ1だけ入れるとぷりぷりのほんのり甘い玉子焼きができます。

3回にわけて巻き巻きしてください。

冷めてから切ると形が崩れににくいですよ~。

使った材料

鶏もも肉、牛肉、ジャガイモ(メークイン2袋と男爵1袋)、人参1袋、玉ねぎ(3~4玉)、キュウリ、ハム、アスパラ、ベーコン、結び糸こんにゃく、にんにく(チュウブでも可)、しょうが(チュウブでも可)、ブロッコリー、ミニトマト、レタス、卵、稲荷、お米、大葉、ピンクのショウガ甘酢漬け、出汁

砂糖、塩、酒、みりん、醤油、酢

つまようじ、アルミカップ

料理の計画と準備

メニューを見たときに、当日作ったほうが美味しいもの、揚げ物や炒め物、焼きなどは当日。それ以外に前日から作ったほうが美味しいもの、前日から用意しても味に差が出ないものは前日に用意するといいです。

また何を前日にして、当日に何をするのかをイメージトレーニングすることが大事だと感じました。

以下NANAが上記メニューを作るために計画して実行したことです。

前日の準備

  • 肉じゃがは前日に作る
  • 唐揚げのもも肉をタレにつけこむ
  • ベーコン巻用のアスパラ、人参をゆでる
  • ポテサラは前日に作る

当日やる事

  • ポテトをゆでる
  • ブロッコリーをゆでる
  • 唐揚げをあげる
  • ポテトをあげる
  • ご飯をたく
  • 稲荷ずしをつくる
  • アスパラと人参をベーコンで巻き、焼く
  • 玉子焼きを作る
  • おかずを詰める

重箱詰め

1段目はおかず、2段目は稲荷ずし。

おかずアルミカップを使いつつ、唐揚げなどはレタスをしいて置くと見栄えがいいです。要所要所の隙間は、ミニトマトやブロッコリーを入れるときれいに仕上がりました。

重箱と聞くとたくさん作らないといけないイメージが、意外と結構余りました。

余ったものは、夜ご飯と翌日の朝ごはんとなりました。

最後に

初めて2段重箱に挑戦しましたが、作る前の印象とはうって変わり「意外と簡単!!」という心持になりました。

何事も経験とはこのことで作ってみてわかる事が多かったです。

新しいことにチャレンジすることは自分の成長となりステップアップになる、やれることはチャレンジしていきたいと思った運動会のお重箱作りでした。

 

おしまい。

【季節の変わり目】断捨離しながらスッキリ家の衣替え

こんにちわ、NANAです。

暑い夏が終わり急に冷えてきました。

NANA家でも一通り皆風邪をひき、季節の変わり目を感じています。

季節の変わり目にめっぽう弱い子供たちと旦那っち。

そろそろ暖かい長そでをだしましょう。

先日台風で時間がポンっとあいたので一気に衣替え。

  • 衣替えが面倒くさい
  • モノで溢れている
  • 洋服がタンスにおさまらない

NANAは断捨離と衣替えを一緒にして家をスッキリさせます。

衣替えの時期

春と秋ですよね。

NANAは自分が寒い日暑い日が続くなと感じたら衣替えするようにしています。

その年その年で寒くなりだす時期、暑くなりだす時期が違うので自分の感覚で判断しています。

また衣替えは少し時間がかかる(1~2時間程度)ので、スケジュールと相談ですね。

NANAは、自分の分と子供2人分あるので朝からとりかかって昼に終わる感じです。

衣替え準備するもの

  • 替える洋服の入ったクリアケース(又は段ボール)
  • 断捨離した服を入れる袋2~3個(大きめ紙袋)
  • これから入れ替える洋服入りタンス

動きやすい服装で。

断捨離しながら衣替え

1.まずタンスに入っている洋服を断捨離しながら出します。

基準は、今年1回でも来たかどうか。

1回も着ていないもので、これからも着ないかなと思う普段着は紙袋に入れていきます。

1回も着ていないけど思い出があるものは何着かあってもいいと思いますが、多すぎるとクリアケースが足りなくなるので、軽い思い出は思い切って断捨離しましょう。

断捨離を迷っているものは、写真で残して断捨離することをおすすめします。

NANAは、かなり汚れているもの以外は全てリサイクルに出します。

捨てると思うともったいないとなり捨てれませんが、リサイクルに出して誰かの役にたてるなら断捨離してしまおうという気持ちになります。

また結構きれいなもので子供のものは、お友達など親しい人におさがりでまわしています。

なのでNANAは袋を、リサイクル分、男の子おさがり、女の子おさがりと3つ用意してわけながら出します。

もちろん持ち越しで来年使う分もわけて置きます。

2. 空になったタンスに断捨離しながら入れていきましょう。

前シーズンに断捨離してクリアケースに入れているはずですが、予想以上に子供が大きくなって着れなくなっているものや流行りが終わってしまった洋服などを選別しながらタンスに入れていきます。

そうするとパンパンだったクリアケースもタンスが余裕があるくらいの量になります。

3. 紙袋をそのまま断捨離しましょう。

NANAは、そのままいつもリサイクルショップへ持っていきます。

もちろん大したお金にはなりませんが、次の誰かの役に立つんだよーとお別れします。

リサイクルショップによっては売れなかったものも引き取って処分くれることがあるのでごみ袋代が浮いたという気持ちでお別れします。

モノをためないルール

  • 使用済みの書類でパソコンで出せる資料は捨てる
  • 郵便受けから持ってきたチラシは、机に置く前にいらないものをわけて捨てる
  • 安くても使う予定がないものは買わない
  • 使ったものは元の場所に戻す(物が見つからないとまた買い足すことになります)
  • 大きなものは置く場所を決めてから買う
  • 子供のもので使わないものはどんどんリサイクルに出すか、おさがりでまわす

NANAは面倒くさがりで片付けが苦手なので、管理できないものは買わないか思い切って捨てる(リサイクルに出す)ようにしています。

思い出があって捨てれないなというものも、捨ててしまえば意外と思い出さないものです。

写真でとってさっぱり断捨離するのも1つの方法。

家がすっきりすると気持ちもすっきりしますよ~。

最後に

NANAは片付けが苦手ですが、考え次第で片付けをあまりしなくて済むのです。

物が多ければ多いほど片付けは大変になります。

工夫しながらより住みやすい環境を整えていけたらいいですね。