ホームステイの受け入れで賢く英語力UP!!

ホームステイの受け入れで賢く英語力UP!!

こんにちわ、NANAです。

今日はNANAが幼少期から家でやっているホームステイの受け入れのお話を少ししたいと思います。

子供に何か習い事をさせなきゃ!

だいたい3才くらいになったら考え始めますよね。

英語の習い事はいつも上位!

  • 英語を習わせたいけどお金かかるなぁ。
  • また何年も英語習ってきたのに英語を使う機会がない…
  • 留学したのに英語忘れてしまった…!

そんな方にもホームステイの受け入れをお勧めしたいです。

実際にNANAの3才の娘っ子は英語をつかってゲストと会話したりします。

しかも、参考書で習うようないつ使うかわからないような英語ではなく、生きた英語を身に着けるので本当にいいなぁと感じます。

NANAも実は16才の時にカナダに留学した経験がありますが、社会人になり10年使う機会がないと「私の英語どこいったー!!」と叫びたくなるくらい忘れます。

定期的にホームステイの受け入れをすることで英語力を呼び起こすのにとてもいいし、異文化や違う考え方などに触れて自分の価値観や視野も広がり自分の成長にもつながるのでやめられません。

ホームステイ受け入れの情報を探す

  • 住んでいる地域にあるホームステイマッチングをしている会社をネット探す
  • 市が出している情報(市報などに掲載されていることもある)
  • 留学生がいる大学や日本語学校のHP
  • 国際的な習い事・サークル・ボランティア登録

NANAがいつもチェックしているのはこんな感じでしょうか。

定期的に受けているのは習い事からのホームステイの受け入れ。

あとは、年に一回ある市報掲載のホームステイ受け入れ、

大学の情報もよくチェックして応募しています。

また父がよくカウチサーフィンで海外のゲストを連れてくることがあるので

月に大体2人ぐらいホームステイ受け入れを実家でしています。

実は、NANAの夫はシャイでホームステイの受け入れを嫌がります。

だから実家をかりてホームステイの受け入れをしています。

受け入れ中はNANAと子供達は実家住まいになります。

色んなスタイルがあっていいと思うのです。

自分にいちばん合う方法を探していくのがいいんだと思います。

期間

月単位のものから1泊2日までいろいろありますが、

最初は短期をお勧めします。

家にゲストが来るわけなのでやはり気は使います。

だから無理がない程度に…がお勧めです。

NANAは、短期のホームステイ受け入れをコンスタントに受けるスタイルがいちばんしっくりきています。

心構え

そんなものはあまりいりません。

実は英語もできなくても、できます!

意外とここ知らない人が多いですね。

いちばん必要なのは相手を思いやる気持ち。

これだけで大丈夫。

あと家族にホームステイの受け入れをすることの了解はとりましょう!

用意するもの

ウェルカムボード
用意するとゲストは喜びます。
お迎えに行ったときに掲げる名前ボードです。
NANAは子供たちといつも手作りします。

食材
献立をきめておいて事前に買っておくと安心です。
受け入れ当日はバタバタして料理を作るのも大変だったりします。
また、そんなに気張らなくて大丈夫。
いつもの家庭でだしているお料理がいいんです。
※宗教や文化などでお肉が食べれなかったりするゲストもいますので、事前にチェックが必要です。その場合は、ハラルフードのレシピなどを調べておくと安心ですね。

お部屋
ゲストが寝たり荷物をおけるスペースは必要です。
ホテルのように完璧にする必要はありませんが、清掃していた方が気持ちがいいですね。
またバスタオル・フェイスタオル・ティッシュなど一緒に用意しておくと親切です。

お迎え

どこで待ち合わせをするかは、大体は管理している団体が決めている場合が多いです。

民泊などの場合は事前にお互いで連絡をとっておく必要があります。

会うときは、ホストもゲストも緊張するものです。

時間より少し早めにいきましょう!

ゲストは知らない人の家にいくわけですから、ホストと会うまで不安です。

時間をすぎてしまいそうな場合は、管理団体に早めにお知らせしましょう。

ウェルカムボードをもって待ち合わせ場所で待っているとゲストも喜びますよー!

また子供達もこれからどこの国からどんな人がくるのか楽しみになります

ホームステイ期間中

ゲストと一緒に行動します。

とにかく楽しむことが大事です。

自分が持っている英語をたくさん使ってください。

間違っていても伝われば大丈夫!

この気持ちをもってたくさん話しかけましょう。

アウトプットがとっても大事です。

自分が英語で話している姿をみて、子供はまねをします。

それが今のNANAの3才の娘っ子が英語を自然に使う理由です。(娘っ子は英語を教わったことは一度もありません)

ただ自分の英語を上達させたい!という気持ちばかりが前にでるとゲストもあまりいい気持ちがしないのでやりすぎは注意です。

お部屋の中の説明、一緒にお料理をしてみたり、観光に行ったときに説明したり英語を使う場面はおのずと出てきます。

NANAは、難しい話でもはなから無理だと思わずにとりあえずチャレンジしてみます。

英語で難しそうなら、日本語も交えて言ってみたり意外と伝わったりするものです。

このように、チャレンジして失敗してを繰り返して少しづつ英語が話せてきています。

高校留学した時の英語も、もちろん蘇りました。

15年近く経ったのですが、若者英語が蘇ってきて戸惑いますが…それはまた別の問題で。w

行動計画

初めてのホームステイの受け入れの時はスケジュールをある程度たてておくといいです。

当日考えるのはバタバタしますし、てんぱります。

きっちりとしたスケジュールよりも相手の希望や体調にあわせて変動させることができればよりいいです。

最後に

ホームステイの受け入れは正直大変です。

だけど、得るものがとても大きいです!!

自分の英語UPはもちろんのこと、異文化にふれて子供たちも色んなことを感じます。

大人も同様で、視野が広がり世界が近くなります。

NANAの体験談なんですが、2年前にアフガニスタンのゲストを受け入れをしました。

黒い肌に大きな顎ひげのゲストを見た娘っ子は最初大泣きしました。

生活をともにすることで、徐々に懐いて最後は抱っこしてもらいキャッキャ遊んでもらうまでになりました。

彼は自分の住所や年齢をはっきりと知りませんでした。

日本ではありえないことですが、彼の国では当たり前です。

またアフガニスタンでの平均寿命は48才。彼は35才。

スマホなど持たない彼とのお別れはきっと最後のお別れになるだろうと思いとても寂しい気持ちになりました。

日本に住んでいるだけではわからないことが、世界の方々と触れ合うことで気づけます。

是非チャレンジしてみてください。

自己紹介

自己紹介NANAの概要

初めまして、NANAです。

1985年生まれ、159cm、パーマでふわふわした黒髪に毛先は少し茶色。

博多弁、福岡育ち。

二児+夫+一匹(犬)と生活。

いわゆる専業主婦。子供観察とすきま時間で楽しいことを考えてる。

一見ほんわかしてるように見えるけど

中身は、ヘビのような女で強いから

近づくとビックリするよ。

よろしくです。

性格

幼少期からマイペース王道のB型

結構クリエイティブなタイプ。

興味のあることは突き進むように計画行動するけど、

その他は雑。忘れん坊、説明書読まない、遅刻、すぐあきる…

趣味

国際交流と読書。

ホームステイの受け入れは幼少期から続けている。

読書は20代になってから。

ミステリー、ビジネス、哲学、心理学…

あと友達のお勧めする本を読むのが好き。

本を読むと自分に違う世界が広がる。だからいい。

仕事歴

ドラッグストアで登録販売者として医薬品・化粧品を勉強。

リラクゼーションマッサージで体や話術を学ぶ。

大学の旅行会社で、旅行の手配・チケットを作ったり…

そして只今専業主婦

周りのほとんどがダブルインカムの時代に、あえての専業主婦。

もちろんリッチなわけではない。

もしかしたら老後、納豆とご飯だけの生活になるかもしれないけど、やっぱり子供の成長をしっかり観察したいし、触れていたい。

今しかないこの時期をたっぷり味わいたい、そんな主婦。

ブログについて

ブログをつくったキッカケ

20代のとき、30代になることが不安だった。

ちゃんとした大人にならなきゃ。

総理大臣誰だかいえる?政治の事きかれたら考えいえる?

いわゆる自分がなかった20代。

様々な経験をへて、今は胸を張って自分の考えをもっている。

ちゃんとした大人ってなんだ?

それはよくわからないけど、漠然と不安を抱えている人のヒントになるようなブログを書きたいと思ったのがキッカケ。

どんなブログ

影響をあたえてくれた本やテキトー女の花嫁修行など、失敗しながらも見つけたものをシェアしていきたい。

また未来を想像しながら、子供にこれからどんなものが必要かみんなで見つけていきたい!

最後に

マイペースでお粗末者のNANAですが

暇つぶしにでもブログ読んでくれたら嬉しいです。

手探りで書いているので、アドバイスなども嬉しいです。

いつも読んでいただいてありがとうございます!!