【体験談】ホームステイで海外に行く5つの理由

ホームステイってなに?

こんにちわ、NANAです。

ホームステイって言葉、最近はよく聞きます。

ひと昔前までは聞きなれない言葉でした。

今では私の周りでも小学生でホームステイに出かける子がいます。

ホームステイってなんでしょう。

なんとなくわかるけど、実際なにをするんだろう。

NANAは、小学生の時に韓国に2週間、高校の時に10カ月カナダに、大学の時は1週間マレーシアに行きました。

旅行で海外に行くのとホームステイで海外に行くのは、全く違います。

  1. 宿泊場所が、ホストファミリーの家
  2. 食事は基本的にホストファミリーと取る
  3. ホストファミリーと行動を共にする

せっかく高額なお金を払って海外に行くのに自分の好きなようにできないならちょっと損じゃん!

そう思う人こそ、是非ホームステイで行ってほしい!!

ホームステイでの経験、プライスレス!!!

ほんとです。(自信あり)

ホームステイってどうやっていくの?

  1. 留学を斡旋する会社や団体に相談
  2. 習い事(語学など)のプログラムを利用する
  3. 海外のお友達と連絡をとり交渉する
  4. 市や県の姉妹都市との交換留学に応募する※地域による

こんな所でしょうか。

NANAは、小学生で行った韓国と高校留学のカナダは、②の習い事。

大学時に行ったマレーシアは③でした。

③の方法が一番安いコストで行けます。

NANAは、ホームステイの受け入れをした時のゲストに交渉しました。

海外に行く練習にもなりますし、ホームステイの受け入れはとてもお勧めです。

↓こちらも是非参考に読んでみて下さい。

ホームステイの受け入れで賢く英語力UP!!

ホームステイで海外に行く5つの理由

1.ガイドブックに載ってないような現地が知れる

これは嬉しいですよね。

プログラムにより色々違う事もありますが、NANAは観光地では食べれない本当に現地の方が食べているものが食べました。

本当の異文化を味わえます。

NANAの場合は、現地の方が通うスーパーに一緒について行って果物や野菜をみたり、現地のお菓子やドリンクを買って試すのも楽しみの一つでした。

また教会に連れて行ってもらい、一緒に礼拝に参加させてもらったり、家のお庭でプールしたりトランポリンやバレーボールで遊んだり…

そんなホストファミリーの日常が、NANAにとっては非日常で刺激的で楽しかったです。

2.コミュニケーションを取らざるを得ない→語学力UP!

旅行では現地の方と触れ合う機会ってレストランや観光地でのお土産やさんでとかですよね。

ホームステイでは、がっつりホストファミリーと関わります。

だから、必然的にコミュニケーションを取らないといけないシチュエーションが生まれます。

ドキドキしますが、自分の持っている100%を使って知っている言葉・身振り手振りで伝えます。

この臨場感がいいんです!

またホストファミリーの家に宿泊するので、英語圏の国なら家に帰っても英語が飛び交う環境があります。

ホテルとは違いますね。

でも、心配しないでください。

最初から英語ができないと行けないことはないと思います。

NANAが小学生で韓国に行った時は、少しの韓国語しか知りませんでした。

もちろん全くわからなかったら困ることが多いかもしれませんが、今は電子辞書やスマホのアプリもあるので短期(1週間以内)の場合は大丈夫じゃないでしょうか。

地域によりますので、事前に下調べはしてくださいね。

長期の場合は、必要最低限の言葉は知っておく必要があります。

3.リア充な写真が撮れる

ホストファミリーとの写真や現地の方に囲まれた写真。

お友達に自慢したくなりますよね。

観光地で日本人同士でとる写真とは、やっぱり全然ちがいます!!

4.家族になる

これがホームステイで行く醍醐味ではないでしょうか。

海外に家族ができます。

ホストファミリーにもよりますが、NANAはその土地土地で家族になりました!

もちろん家族になる努力もしました!

ホストファミリーが喜ぶことを考えて自ら行動する。

お手伝いをしたり、感謝を述べたり…

NANAの個人的な考えですが色んなホームステイの話を聞いたり自分の体験を重ねて気づいた法則!!

‘ホストママに可愛がられるとホームステイがうまくいく‘

5.語学だけでなく人間力UPにつながる

語学を目的にホームステイや留学に行く方がおおいのではないでしょうか。

実際にNANAが感じるのは、語学はもちろんですが人間的な成長が大きかったように思います。

NANAは1人でホームステイに出かけたので、ホストファミリーとたくさん楽しい思い出もありますが、時々寂しい思いもしました。

そんな経験が日本に帰ってからは、自然とひとりぼっちでいる人をほっとけない気配りができる人間になっていました。

誰に教えられたわけではないですが、いつの間にか自分で気づいて自分で行動できるようになっていたのです。

これこそホームステイで得た産物で、そして産物は人それぞれ違うというのも面白い所だと思っています。

この様に楽しいだけでなく大変な経験もあるのがホームステイで、だからこそ得るものがたくさんあります。

まとめ

もしあなたがホームステイで出かけることに興味があるのならば、NANAはそっとあなたの背中を押します。

ホームステイに行ってみて下さい。ポンっ

絶対に今の自分にはない世界をつかんで帰ってくると思います。

またあなたの大切なお子様にホームステイの経験をさせてあげたいと思っている方は、たくさん迷ってください。

海外に行くのは、リスクがつきものです。

ただホームステイに出してもらった子供として、NANAは親に本当に感謝しています。

可愛い子には旅をさせよ

とありますが、NANAはリスクも考えながらも子供たちにホームステイの経験をさせてあげたいと考えています。

おわり。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です