ガサツ女子を助ける毎日簡単弁当たまごおかず王道4パターン

こんにちわ、NANAです。

タイトルにもあるようにガサツなんです。

私大丈夫かしら?と思っているガサツ女子を安心させてあげられたらと思い書いています。

□ ガサツだと言われる

□ 細かいことが気にならない

□ 量るのが苦手。

ざっとNANAの特徴です。

共感してくれる方がいたら嬉しいです。

※料理ができる人は、以下お恥ずかしいので読まないで~。

ゆるーく花嫁修業中

10代の頃からガサツで、結婚するときにこんなガサツで家事がつとまるだろうか。

長らく一人暮らしをしていましたが、料理は全部独学手抜き料理。

どうしよう、旦那の実家で気が利くお手伝いなんてできない。

っていうか、どこをどうお手伝いしたらいいかわからない。

キッチンって勝手にさわっていいものかどうか。

こんなの誰に聞いたらいいのー!!!

ってな感じで始まった結婚生活。

最初の2カ月くらいは、はりきって頑張っていました。

でも、やっぱりいつもしないことはできない。

疲れる→ 家事をしてもお金にならない→ 苦痛

この悪循環で辛くなってきました。

しかも、NANAの夫は綺麗好き。

NANAが掃除機をしても、その後無言で同じところ掃除機かけられる。

これ、結構凹みます。

でも、その件で気づいたのです。

なんか自分は良い嫁を演じようとしていたんだと。

だから疲れるんだ!!

ガサツな性格を無理に変えようとしないで、今出来る中でやりくりすればいいんだ!!っと。

それから気が楽になり、結婚生活も人生も楽しめるようになりました。

そんなこんなの経緯があり、娘っ子は4月から幼稚園。

心配なのは毎日弁当!!ずーーん。

イメージは、見栄えが良くて栄養たっぷりの弁当。

毎日弁当!?起きれるかな!?そんなレパートリーないし!どうしよう!でした。

でも、誰かのアドバイスに救われたのです。

とりあえず毎日中身が同じでもいいんじゃない?

まずは、作ることに慣れることが大事!

神さま仏さまー!!

と、前置きが長かったですが…

お弁当定番の卵おかず。

当たり前じゃんってなるけど、私は本当に卵に助けられています。

簡単な卵のおかず

1. たまご焼き

18cmのたまご焼きフライパンで二人分(夫、幼稚園児)のお弁当+朝ごはんのおかず分(大人二人子二人)作ります。

卵3個
甘酒 大スプーン一杯 or チョットと言いながら少し入れる
※牛乳でも代用可(砂糖を少しいれてね)
塩少しパラパラ

まぜまぜ
3回にわけてくるくる
出来上がり!

分量の加減は何度も作って感覚をみてください♪

2. ゆでたまご

NANAはレンジでチンするゆで卵器を長年愛用しています。

ゆでたまごは、半分にするとき縦にジグザク包丁をいれるとお花のような形になるので可愛い一品になります。

3. スクランブルエッグ

これは、寝坊したときに重宝する一品。

卵3つ

まぜまぜしてフライパンでぐるぐるするだけ。

お弁当に入れるときにケチャップ添えるだけ。

朝はいつもたまご焼きフライパンでなんでも焼きます。

4. オムレツ

少し栄養も考えたいなという時はオムレツ!

卵3つ
人参
キノコ(しめじ、なければしめじ)
玉ねぎ
ウィンナー

これらを適量でみじん切り

炒めてケチャップで味付け

お皿に移す

卵といたものを全部流しいれて

ある程度したら具を乗っける

半分に折ってとじる

反対側も裏返して焼く

これもNANAはたまご焼きフライパンを使うので見た目はたまご焼きみたい。

※具の乗せすぎに注意!

まとめ

これから結婚する方や不安を抱いている方の助けになれば幸いです。

見栄をはって良いお嫁さんにならなくていい!

ガサツでもそれなりに自分のいい方法でやっていけばそれでいい!

そしたら、いっきに気が楽になります。

最近NANAが見つけた人生楽しく生きる方法です。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です