【体験談】プール好き!ぽっちゃりさんにおすすめ体型かくし水着アイテム厳選4つ

こんにちわ、NANAです。

今日は、海とプールが大好きなぽっちゃりNANAの体験談と共に体型カバーできる水着をご紹介したいと思います!!

まず、お恥ずかしながらNANAのぽっちゃり歴を言うと人よりぽちゃぽちゃしだしたのは、小学校5年生の駄菓子にはまった時からでしょうか。

今は160㎝で59㌔ぐらいをウロウロしています。

これでも痩せた方なんです!!

2回妊娠して、2人とも15㌔オーバーぐらい太り、出産しても5㌔プラスをウロウロしてました。

2人目が母乳だったこともあり、今は結婚した時ぐらいに戻りましたが卒乳後の体重増加に現在怯えています!!

そんなこんなで、人生のほとんどを‘ぽっちゃり‘のコンプレックスと共に歩み色んな可能性をつぶしてきたように今は思います。

何でもっと周りを気にせずにやりたいことを抑えてきたんだろう!!と30代になった今は思います!!

ぽっちゃりさんの可能性をつぶす水着

ぽっちゃりは水着を着てはだめなんだと本気で思っていました。

メディアって怖いなと思います。

10代20代の時、水着はビキニしかないと思っていました。

だって、どの雑誌もTVにもビキニを着たモデルさんやタレントさんしかいないじゃん!!

ビキニ=着れない=海&プールはいけない

こんな方程式が私の中にありました。

海はまだ上からTシャツや短パンが着れるので、頻繁にではないですが誘われた時はしぶしぶ行っていました。

だけど、NANAは本当は海とプールが大好き!

勝手に自分で自分の可能性をとじこめていました。

ぽっちゃりってなだけで。

海とプールの水着の違い

上記にも述べましたが、海は基本的に水着のルールがないので上からTシャツをきたり、下に短パンをはいても問題ありません。

プールは、施設ごとにルールや禁止事項がきまっており、特に屋内プールでTシャツや短パンを着れるところは少ないのではないでしょうか。

キャップをかぶらないといけないなどのルールもありますよね。

体型かくし水着アイテム厳選アイテム4つ

30代になり子供ができ、夏に近づいて熱くなるとプール&海に行きたい病がでてきました。

当時妊娠していたのですが、産婦人科によってはマタニティスイミングができる病院などもありました。

NANAも少し興味がありました。

というか、妊娠しててきれる水着があるんだ!というのも衝撃でした。

NANAは、それまで水着=ビキニしか本当に知らなかったのです!!

妊娠中でも着れる水着=ぽっちゃりでも着れるじゃん!!

それからマタニティ水着の存在を知り、色んなタイプの水着を知ることとなったのです。

もしあなたがぽっちゃりさんで、海やプールを遠慮しているなら本当にいいたい!

周りなんか気にしないで自分のやりたいことをした方が人生楽しい!と。

また、探したらコンプレックスを埋めてくれるものがあるので活用してなるべく自分の気持ちに素直になろう!!と。

1.フィットネス水着

上下に分かれた水着で上はジッパーでしめるタイプが多いようです。

体に少しピタっとはきますが、ビキニより露出がめちゃくちゃ少ないのでとてもおすすめしたいです。

ノースリーブ、半袖と長袖とあるようですが、ノースリーブ、半袖が主流のようです。

日焼けが気になる人は、長袖がおすすめ。

こんな水着があることを若いときから知っていたらもっとプールや海に行けたのに。。涙

フィットネスって書いてあるから運動する人の水着かなって思うけど、結構ママさんたちで愛用している方(運動してないママも)多いので気にしなくて全然大丈夫!!

ビキニのような華やかさはありませんが、気になるお腹、二の腕、太もも隠せますよー!!

Luanna Jena 水着 レディース フィットネス セパレート 体型カバー めくれ防止 半袖

2.ラッシュガード

パーカータイプ、ロンTのようなタイプとあり、体型かくしにも日焼け対策になります。

なんて神アイテムなんだ!

薄くてサラサラしてるし、普通にUV対策として来て着ることもあります。

※海ではもちろん使用可ですが、プールは施設により使用できる・できないがありますので事前に調べて下さい☆

UVケア レディース ラッシュガード

3.ラッシュトレンカ&レギンス

これは、本当に知らなかった!!

水着の上に着る短パンって短くないですか!?

NANAからしたら、あの短パンでさえも恥ずかしすぎてダメでした。

立派な太ももがごっそり見えてしまい、泳ぐどころではなかったです。

だけど、不思議なことに下にレギンスやトレンカを履くだけで大胆にいろいろ着れます。

黒だから?なんでしょうか。

なんか履いているとホッとしますよね。

水着の下にラッシュトレンカ!!

誰が考えたんだ!!本当にありがとう!!

ZEES ラッシュトレンカ UVカット

4.スカート付きフィットネス水着

ぽっちゃり度合や年齢にもよりますが、フィットネス水着ではお腹のシルエットがでちゃってまずい。

NANAの母の水着をさがしてあげるときに色々考えました。

ネットサーフィンをしていると、水着素材のスカートが一緒になったスパッツ風水着を発見しました!!

フィットネス水着ではちょっとというぽっちゃりさんには、こちらがより安心して着れるのではないでしょうか。

KIREI BEACH (キレイビーチ) フィットネス水着 レディース 水着 半袖 スカート キャップ付き

まとめ

このようにNANAは考え方をかえ、水着を工夫して川、海、プール、行きたい時に計画してどんどんいけるようになりました!!

何も気にせず水に浸っていることは本当に気持ちがいい。

何故今まで自分のやりたいことを他人の目を気にして我慢していたんだ!!と本気で思います。

もしこの記事をよんでくれたあなたも、もし何かコンプレックスのために我慢していることがあるならば今すぐにその考えを捨てて、好きな事をやってしまいましょう!!

人生楽しいことをして生きよう♪♪

ガサツ女子を助ける毎日簡単弁当たまごおかず王道4パターン

こんにちわ、NANAです。

タイトルにもあるようにガサツなんです。

私大丈夫かしら?と思っているガサツ女子を安心させてあげられたらと思い書いています。

□ ガサツだと言われる

□ 細かいことが気にならない

□ 量るのが苦手。

ざっとNANAの特徴です。

共感してくれる方がいたら嬉しいです。

※料理ができる人は、以下お恥ずかしいので読まないで~。

ゆるーく花嫁修業中

10代の頃からガサツで、結婚するときにこんなガサツで家事がつとまるだろうか。

長らく一人暮らしをしていましたが、料理は全部独学手抜き料理。

どうしよう、旦那の実家で気が利くお手伝いなんてできない。

っていうか、どこをどうお手伝いしたらいいかわからない。

キッチンって勝手にさわっていいものかどうか。

こんなの誰に聞いたらいいのー!!!

ってな感じで始まった結婚生活。

最初の2カ月くらいは、はりきって頑張っていました。

でも、やっぱりいつもしないことはできない。

疲れる→ 家事をしてもお金にならない→ 苦痛

この悪循環で辛くなってきました。

しかも、NANAの夫は綺麗好き。

NANAが掃除機をしても、その後無言で同じところ掃除機かけられる。

これ、結構凹みます。

でも、その件で気づいたのです。

なんか自分は良い嫁を演じようとしていたんだと。

だから疲れるんだ!!

ガサツな性格を無理に変えようとしないで、今出来る中でやりくりすればいいんだ!!っと。

それから気が楽になり、結婚生活も人生も楽しめるようになりました。

そんなこんなの経緯があり、娘っ子は4月から幼稚園。

心配なのは毎日弁当!!ずーーん。

イメージは、見栄えが良くて栄養たっぷりの弁当。

毎日弁当!?起きれるかな!?そんなレパートリーないし!どうしよう!でした。

でも、誰かのアドバイスに救われたのです。

とりあえず毎日中身が同じでもいいんじゃない?

まずは、作ることに慣れることが大事!

神さま仏さまー!!

と、前置きが長かったですが…

お弁当定番の卵おかず。

当たり前じゃんってなるけど、私は本当に卵に助けられています。

簡単な卵のおかず

1. たまご焼き

18cmのたまご焼きフライパンで二人分(夫、幼稚園児)のお弁当+朝ごはんのおかず分(大人二人子二人)作ります。

卵3個
甘酒 大スプーン一杯 or チョットと言いながら少し入れる
※牛乳でも代用可(砂糖を少しいれてね)
塩少しパラパラ

まぜまぜ
3回にわけてくるくる
出来上がり!

分量の加減は何度も作って感覚をみてください♪

2. ゆでたまご

NANAはレンジでチンするゆで卵器を長年愛用しています。

ゆでたまごは、半分にするとき縦にジグザク包丁をいれるとお花のような形になるので可愛い一品になります。

3. スクランブルエッグ

これは、寝坊したときに重宝する一品。

卵3つ

まぜまぜしてフライパンでぐるぐるするだけ。

お弁当に入れるときにケチャップ添えるだけ。

朝はいつもたまご焼きフライパンでなんでも焼きます。

4. オムレツ

少し栄養も考えたいなという時はオムレツ!

卵3つ
人参
キノコ(しめじ、なければしめじ)
玉ねぎ
ウィンナー

これらを適量でみじん切り

炒めてケチャップで味付け

お皿に移す

卵といたものを全部流しいれて

ある程度したら具を乗っける

半分に折ってとじる

反対側も裏返して焼く

これもNANAはたまご焼きフライパンを使うので見た目はたまご焼きみたい。

※具の乗せすぎに注意!

まとめ

これから結婚する方や不安を抱いている方の助けになれば幸いです。

見栄をはって良いお嫁さんにならなくていい!

ガサツでもそれなりに自分のいい方法でやっていけばそれでいい!

そしたら、いっきに気が楽になります。

最近NANAが見つけた人生楽しく生きる方法です。

おしまい。

【体験談】ホームステイで海外に行く5つの理由

ホームステイってなに?

こんにちわ、NANAです。

ホームステイって言葉、最近はよく聞きます。

ひと昔前までは聞きなれない言葉でした。

今では私の周りでも小学生でホームステイに出かける子がいます。

ホームステイってなんでしょう。

なんとなくわかるけど、実際なにをするんだろう。

NANAは、小学生の時に韓国に2週間、高校の時に10カ月カナダに、大学の時は1週間マレーシアに行きました。

旅行で海外に行くのとホームステイで海外に行くのは、全く違います。

  1. 宿泊場所が、ホストファミリーの家
  2. 食事は基本的にホストファミリーと取る
  3. ホストファミリーと行動を共にする

せっかく高額なお金を払って海外に行くのに自分の好きなようにできないならちょっと損じゃん!

そう思う人こそ、是非ホームステイで行ってほしい!!

ホームステイでの経験、プライスレス!!!

ほんとです。(自信あり)

ホームステイってどうやっていくの?

  1. 留学を斡旋する会社や団体に相談
  2. 習い事(語学など)のプログラムを利用する
  3. 海外のお友達と連絡をとり交渉する
  4. 市や県の姉妹都市との交換留学に応募する※地域による

こんな所でしょうか。

NANAは、小学生で行った韓国と高校留学のカナダは、②の習い事。

大学時に行ったマレーシアは③でした。

③の方法が一番安いコストで行けます。

NANAは、ホームステイの受け入れをした時のゲストに交渉しました。

海外に行く練習にもなりますし、ホームステイの受け入れはとてもお勧めです。

↓こちらも是非参考に読んでみて下さい。

ホームステイの受け入れで賢く英語力UP!!

ホームステイで海外に行く5つの理由

1.ガイドブックに載ってないような現地が知れる

これは嬉しいですよね。

プログラムにより色々違う事もありますが、NANAは観光地では食べれない本当に現地の方が食べているものが食べました。

本当の異文化を味わえます。

NANAの場合は、現地の方が通うスーパーに一緒について行って果物や野菜をみたり、現地のお菓子やドリンクを買って試すのも楽しみの一つでした。

また教会に連れて行ってもらい、一緒に礼拝に参加させてもらったり、家のお庭でプールしたりトランポリンやバレーボールで遊んだり…

そんなホストファミリーの日常が、NANAにとっては非日常で刺激的で楽しかったです。

2.コミュニケーションを取らざるを得ない→語学力UP!

旅行では現地の方と触れ合う機会ってレストランや観光地でのお土産やさんでとかですよね。

ホームステイでは、がっつりホストファミリーと関わります。

だから、必然的にコミュニケーションを取らないといけないシチュエーションが生まれます。

ドキドキしますが、自分の持っている100%を使って知っている言葉・身振り手振りで伝えます。

この臨場感がいいんです!

またホストファミリーの家に宿泊するので、英語圏の国なら家に帰っても英語が飛び交う環境があります。

ホテルとは違いますね。

でも、心配しないでください。

最初から英語ができないと行けないことはないと思います。

NANAが小学生で韓国に行った時は、少しの韓国語しか知りませんでした。

もちろん全くわからなかったら困ることが多いかもしれませんが、今は電子辞書やスマホのアプリもあるので短期(1週間以内)の場合は大丈夫じゃないでしょうか。

地域によりますので、事前に下調べはしてくださいね。

長期の場合は、必要最低限の言葉は知っておく必要があります。

3.リア充な写真が撮れる

ホストファミリーとの写真や現地の方に囲まれた写真。

お友達に自慢したくなりますよね。

観光地で日本人同士でとる写真とは、やっぱり全然ちがいます!!

4.家族になる

これがホームステイで行く醍醐味ではないでしょうか。

海外に家族ができます。

ホストファミリーにもよりますが、NANAはその土地土地で家族になりました!

もちろん家族になる努力もしました!

ホストファミリーが喜ぶことを考えて自ら行動する。

お手伝いをしたり、感謝を述べたり…

NANAの個人的な考えですが色んなホームステイの話を聞いたり自分の体験を重ねて気づいた法則!!

‘ホストママに可愛がられるとホームステイがうまくいく‘

5.語学だけでなく人間力UPにつながる

語学を目的にホームステイや留学に行く方がおおいのではないでしょうか。

実際にNANAが感じるのは、語学はもちろんですが人間的な成長が大きかったように思います。

NANAは1人でホームステイに出かけたので、ホストファミリーとたくさん楽しい思い出もありますが、時々寂しい思いもしました。

そんな経験が日本に帰ってからは、自然とひとりぼっちでいる人をほっとけない気配りができる人間になっていました。

誰に教えられたわけではないですが、いつの間にか自分で気づいて自分で行動できるようになっていたのです。

これこそホームステイで得た産物で、そして産物は人それぞれ違うというのも面白い所だと思っています。

この様に楽しいだけでなく大変な経験もあるのがホームステイで、だからこそ得るものがたくさんあります。

まとめ

もしあなたがホームステイで出かけることに興味があるのならば、NANAはそっとあなたの背中を押します。

ホームステイに行ってみて下さい。ポンっ

絶対に今の自分にはない世界をつかんで帰ってくると思います。

またあなたの大切なお子様にホームステイの経験をさせてあげたいと思っている方は、たくさん迷ってください。

海外に行くのは、リスクがつきものです。

ただホームステイに出してもらった子供として、NANAは親に本当に感謝しています。

可愛い子には旅をさせよ

とありますが、NANAはリスクも考えながらも子供たちにホームステイの経験をさせてあげたいと考えています。

おわり。

ホームステイの受け入れで賢く英語力UP!!

ホームステイの受け入れで賢く英語力UP!!

こんにちわ、NANAです。

今日はNANAが幼少期から家でやっているホームステイの受け入れのお話を少ししたいと思います。

子供に何か習い事をさせなきゃ!

だいたい3才くらいになったら考え始めますよね。

英語の習い事はいつも上位!

  • 英語を習わせたいけどお金かかるなぁ。
  • また何年も英語習ってきたのに英語を使う機会がない…
  • 留学したのに英語忘れてしまった…!

そんな方にもホームステイの受け入れをお勧めしたいです。

実際にNANAの3才の娘っ子は英語をつかってゲストと会話したりします。

しかも、参考書で習うようないつ使うかわからないような英語ではなく、生きた英語を身に着けるので本当にいいなぁと感じます。

NANAも実は16才の時にカナダに留学した経験がありますが、社会人になり10年使う機会がないと「私の英語どこいったー!!」と叫びたくなるくらい忘れます。

定期的にホームステイの受け入れをすることで英語力を呼び起こすのにとてもいいし、異文化や違う考え方などに触れて自分の価値観や視野も広がり自分の成長にもつながるのでやめられません。

ホームステイ受け入れの情報を探す

  • 住んでいる地域にあるホームステイマッチングをしている会社をネット探す
  • 市が出している情報(市報などに掲載されていることもある)
  • 留学生がいる大学や日本語学校のHP
  • 国際的な習い事・サークル・ボランティア登録

NANAがいつもチェックしているのはこんな感じでしょうか。

定期的に受けているのは習い事からのホームステイの受け入れ。

あとは、年に一回ある市報掲載のホームステイ受け入れ、

大学の情報もよくチェックして応募しています。

また父がよくカウチサーフィンで海外のゲストを連れてくることがあるので

月に大体2人ぐらいホームステイ受け入れを実家でしています。

実は、NANAの夫はシャイでホームステイの受け入れを嫌がります。

だから実家をかりてホームステイの受け入れをしています。

受け入れ中はNANAと子供達は実家住まいになります。

色んなスタイルがあっていいと思うのです。

自分にいちばん合う方法を探していくのがいいんだと思います。

期間

月単位のものから1泊2日までいろいろありますが、

最初は短期をお勧めします。

家にゲストが来るわけなのでやはり気は使います。

だから無理がない程度に…がお勧めです。

NANAは、短期のホームステイ受け入れをコンスタントに受けるスタイルがいちばんしっくりきています。

心構え

そんなものはあまりいりません。

実は英語もできなくても、できます!

意外とここ知らない人が多いですね。

いちばん必要なのは相手を思いやる気持ち。

これだけで大丈夫。

あと家族にホームステイの受け入れをすることの了解はとりましょう!

用意するもの

ウェルカムボード
用意するとゲストは喜びます。
お迎えに行ったときに掲げる名前ボードです。
NANAは子供たちといつも手作りします。

食材
献立をきめておいて事前に買っておくと安心です。
受け入れ当日はバタバタして料理を作るのも大変だったりします。
また、そんなに気張らなくて大丈夫。
いつもの家庭でだしているお料理がいいんです。
※宗教や文化などでお肉が食べれなかったりするゲストもいますので、事前にチェックが必要です。その場合は、ハラルフードのレシピなどを調べておくと安心ですね。

お部屋
ゲストが寝たり荷物をおけるスペースは必要です。
ホテルのように完璧にする必要はありませんが、清掃していた方が気持ちがいいですね。
またバスタオル・フェイスタオル・ティッシュなど一緒に用意しておくと親切です。

お迎え

どこで待ち合わせをするかは、大体は管理している団体が決めている場合が多いです。

民泊などの場合は事前にお互いで連絡をとっておく必要があります。

会うときは、ホストもゲストも緊張するものです。

時間より少し早めにいきましょう!

ゲストは知らない人の家にいくわけですから、ホストと会うまで不安です。

時間をすぎてしまいそうな場合は、管理団体に早めにお知らせしましょう。

ウェルカムボードをもって待ち合わせ場所で待っているとゲストも喜びますよー!

また子供達もこれからどこの国からどんな人がくるのか楽しみになります

ホームステイ期間中

ゲストと一緒に行動します。

とにかく楽しむことが大事です。

自分が持っている英語をたくさん使ってください。

間違っていても伝われば大丈夫!

この気持ちをもってたくさん話しかけましょう。

アウトプットがとっても大事です。

自分が英語で話している姿をみて、子供はまねをします。

それが今のNANAの3才の娘っ子が英語を自然に使う理由です。(娘っ子は英語を教わったことは一度もありません)

ただ自分の英語を上達させたい!という気持ちばかりが前にでるとゲストもあまりいい気持ちがしないのでやりすぎは注意です。

お部屋の中の説明、一緒にお料理をしてみたり、観光に行ったときに説明したり英語を使う場面はおのずと出てきます。

NANAは、難しい話でもはなから無理だと思わずにとりあえずチャレンジしてみます。

英語で難しそうなら、日本語も交えて言ってみたり意外と伝わったりするものです。

このように、チャレンジして失敗してを繰り返して少しづつ英語が話せてきています。

高校留学した時の英語も、もちろん蘇りました。

15年近く経ったのですが、若者英語が蘇ってきて戸惑いますが…それはまた別の問題で。w

行動計画

初めてのホームステイの受け入れの時はスケジュールをある程度たてておくといいです。

当日考えるのはバタバタしますし、てんぱります。

きっちりとしたスケジュールよりも相手の希望や体調にあわせて変動させることができればよりいいです。

最後に

ホームステイの受け入れは正直大変です。

だけど、得るものがとても大きいです!!

自分の英語UPはもちろんのこと、異文化にふれて子供たちも色んなことを感じます。

大人も同様で、視野が広がり世界が近くなります。

NANAの体験談なんですが、2年前にアフガニスタンのゲストを受け入れをしました。

黒い肌に大きな顎ひげのゲストを見た娘っ子は最初大泣きしました。

生活をともにすることで、徐々に懐いて最後は抱っこしてもらいキャッキャ遊んでもらうまでになりました。

彼は自分の住所や年齢をはっきりと知りませんでした。

日本ではありえないことですが、彼の国では当たり前です。

またアフガニスタンでの平均寿命は48才。彼は35才。

スマホなど持たない彼とのお別れはきっと最後のお別れになるだろうと思いとても寂しい気持ちになりました。

日本に住んでいるだけではわからないことが、世界の方々と触れ合うことで気づけます。

是非チャレンジしてみてください。

自己紹介

自己紹介NANAの概要

初めまして、NANAです。

1985年生まれ、159cm、パーマでふわふわした黒髪に毛先は少し茶色。

博多弁、福岡育ち。

二児+夫+一匹(犬)と生活。

いわゆる専業主婦。子供観察とすきま時間で楽しいことを考えてる。

一見ほんわかしてるように見えるけど

中身は、ヘビのような女で強いから

近づくとビックリするよ。

よろしくです。

性格

幼少期からマイペース王道のB型

結構クリエイティブなタイプ。

興味のあることは突き進むように計画行動するけど、

その他は雑。忘れん坊、説明書読まない、遅刻、すぐあきる…

趣味

国際交流と読書。

ホームステイの受け入れは幼少期から続けている。

読書は20代になってから。

ミステリー、ビジネス、哲学、心理学…

あと友達のお勧めする本を読むのが好き。

本を読むと自分に違う世界が広がる。だからいい。

仕事歴

ドラッグストアで登録販売者として医薬品・化粧品を勉強。

リラクゼーションマッサージで体や話術を学ぶ。

大学の旅行会社で、旅行の手配・チケットを作ったり…

そして只今専業主婦

周りのほとんどがダブルインカムの時代に、あえての専業主婦。

もちろんリッチなわけではない。

もしかしたら老後、納豆とご飯だけの生活になるかもしれないけど、やっぱり子供の成長をしっかり観察したいし、触れていたい。

今しかないこの時期をたっぷり味わいたい、そんな主婦。

ブログについて

ブログをつくったキッカケ

20代のとき、30代になることが不安だった。

ちゃんとした大人にならなきゃ。

総理大臣誰だかいえる?政治の事きかれたら考えいえる?

いわゆる自分がなかった20代。

様々な経験をへて、今は胸を張って自分の考えをもっている。

ちゃんとした大人ってなんだ?

それはよくわからないけど、漠然と不安を抱えている人のヒントになるようなブログを書きたいと思ったのがキッカケ。

どんなブログ

影響をあたえてくれた本やテキトー女の花嫁修行など、失敗しながらも見つけたものをシェアしていきたい。

また未来を想像しながら、子供にこれからどんなものが必要かみんなで見つけていきたい!

最後に

マイペースでお粗末者のNANAですが

暇つぶしにでもブログ読んでくれたら嬉しいです。

手探りで書いているので、アドバイスなども嬉しいです。

いつも読んでいただいてありがとうございます!!